子供を見守る大切な仕事|医療事務講座で正しい知識を取り込もう|未来に挑戦

医療事務講座で正しい知識を取り込もう|未来に挑戦

ウーマン

子供を見守る大切な仕事

男女

引き続きニーズは高い

子供好きな人にとって理想の職業と言えるのが、保育士です。少子化の進行によって、わが国における子供の数は年々減少しています。ただ注意が必要なのは、その傾向は地域によってばらつきがあるということです。都市部ではむしろ子供の数に社会インフラの整備が追いついていないところも少なくなく、いわゆる待機児童問題などを引き起こしています。こうしたことから、保育士の仕事については今後とも安定した需要があるものと考えられています。保育士になるには、養成課程を持つ大学・短大・専門学校などを卒業するか、保育士の国家試験に合格するかのいずれかの方法があります。養成課程において所定の単位を修めた者に対しては、卒業と同時に資格が与えられます。

他の専門分野を持つと有利

従来、保育士になるための進路としては、2年制の短大または専門学校を選ぶ人が多数を占めていました。これは、できるだけ早く現場へ出て経験を積んだ方が保育士としてのキャリアにプラスになること、体力が必要な仕事であることから早く就職した方が長く働き続けられること、などが主な理由でした。しかし最近では、4年制大学を卒業して保育士になる人の数もかなり増えています。それは、保育をめぐる環境の変化によるものです。現在、保育士の職場は地域の保育園のみに限らず、児童養護施設・学童クラブ・幼稚園と一体化した認定こども園など多様化が進んでいます。そのため、保育士以外の知識や技能が求められるケースも増加しています。4年制大学は、こうしたプラスアルファの技能を身につける機会に恵まれています。たとえば大学で幼稚園教諭の資格を併せて取得しておけば、子供の成長過程を長期にわたって見守るような仕事に就くことが可能になります。